より良い自分であるための練習帳

アラフォーワーママ*育児*マインド*栄養

丈夫な体とメンタル作りにはタンパク質を 手軽に摂れるボーンブロズスープ

「お肉やお魚を食べると筋肉になるんでしょ?」

これは、保育園のころ、よく夕食中に息子が言っていた言葉。給食の先生に教えてもらったそうな。

給食の先生、いつもありがとうございます♡

f:id:yubiorix:20230130175543j:image

体を作るだけじゃない!丈夫なメンタル作りにも欠かせないタンパク質

おっしゃる通り!お肉や魚に含まれるタンパク質は、丈夫な体を作るために必要不可欠。

それ以外にも、丈夫なメンタルを作るためにもタンパク質は欠かせないことはご存知でしたか?

・集中力

・意欲、やる気

・落ち着き

などなど、親なら誰もが子どもに身につけさせたいと願うメンタル力も、タンパク質をしっかり摂れているかが鍵になります。

「唐揚げ以外のお肉は食べてくれない」

「ひき肉は食べるけど、厚みがある肉は苦手」

「甘辛に味付けしないと箸(スプーン)が進まない」

と(これ全部うちの子達の話)、特に小さなお子さんお持ちの家庭は頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?

手軽にタンパク質が摂れる魔法のスープ ボーンブロズスープという提案

f:id:yubiorix:20230201105058j:image

そんな時に取り入れるのがオススメなのが、手羽先や手羽元などの骨付き肉!

これを鍋でじっくり煮てスープに。

これはボーンブロズスープと言って、ボーンは骨、ブロズは出汁(だし)のこと。

要は鶏ガラスープですね。

このスープには、骨から溶け出したアミノ酸がたっぷり含まれています。

アミノ酸は、タンパク質が細かく分解されたモノ。

食べる前からすでに体に吸収されやすい形になっているので、胃腸に優しく体に負担が少ないのが良いところ

スープを飲めば栄養がしっかり取れるので、あまりお肉を食べられない子にもオススメです。

ボーンブロズスープの作り方

作り方は至って簡単。

お鍋に、骨付き肉とお水を入れて弱火で1時間ほど煮込むだけ。

お肉の臭みが気になりやすい方は、生姜の薄切り数枚と、ネギの青い部分を入れて煮込むとよいですよ。ちなみに私はいつも入れてません笑。

出来上がったスープは、写真のように野菜を入れてそのまま頂いてもいいし、

・シチュー

・カレー

・お味噌汁

などにも使っても美味しいですよ。

f:id:yubiorix:20230201105142j:image

お味噌汁といえば、煮干しから出汁を取ったものも立派なボーンブロズスープ。

我が家はいつも煮干し出汁でお味噌汁を作っています。

子どもの心と体の成長に欠かせないタンパク質が、手軽に摂れるボーンブロズスープ。

とっても簡単なので是非作ってみてくださいね。