well-beingな暮らし

心と暮らしを整える日々

ワーママ会社を辞める⑥頭と心の変化 イライラの原因は自分の中にあった

・「仕事なんかしなければ、もっと子どもに優しくなれるかも」→コロナ禍で仕事が休業になり、仕事の無い暮らしをGET。
・「もっとキレイな家に住めたら、暮らしが変わるかも」→タイミング良く新築賃貸マンションに引っ越し。
イライラ&ドタバタLifeの中でぼんやりと思い描いた理想の暮らしが、コロナの後押しを受けて思いがけず叶った私。

f:id:yubiorix:20240607171605j:image
新しい家で、ずっと欲しかった子ども達とゆっくり過ごす時間…
こうして、親子仲良く幸せに暮らしましたとさ、おしまい♪
となれば良かったんですが、全くそうはいかず。


全然イライラはおさまらなかったのです。


未知のウイルスへの恐怖や外出制限、今後仕事がどうなるかも分からない不安で、より一層神経質になっていたと思います。
そんな私の心配事をよそに、子ども達は家の中で騒ぐは喧嘩するは、キレイを保ちたい家の中をどんどん荒らすは。
「勘弁して〜」状態でした。
そこに追い討ちをかけるように、娘のイヤイヤ期も始まりました。
細かいことがとことん気に触る娘は、ちょっとしたことで激しく泣き喚き、私も耐えきれなくなって怒鳴る。
そんな日がずっと続きました。
怒ったって娘がご機嫌になるわけないと分かっているのに、いつしか「もういっそ怖いママで生きていた方がマシ」と思っている自分がいました。
そんなある日の夜、娘の泣き声に近所の方が心配したようで、ついに警察に通報されてしまったんです…。


旦那さんが対応してくれて無事に警察が帰った時、現実を認識して恐しくなりました。
「一歩間違ったら、私はこの子と引き離されるところだった」と。
この一件は今となっては笑い話ですが、私に考える大きなきっかけをくれました
自分のイライラを、環境や仕事のせいにしていましたがそうじゃなかった。
だって住む環境を変えて仕事のない日々を送っても、自分の悩みは何も改善されなかったのですから(されないどころかむしろ悪化)。


「私は子ども達とどういう関係を築きたいの?」
「私はどういう暮らしがしたいの?」
「私にとっての幸せってなんなの?」
色んなことを自分自身に問いかけました。
そしてやっと、イライラの原因は私自身の中にあると気づけたのです。
「暮らし方や働き方、なんでも周りと比較してしまう自分」
「自立して欲しいと思いながらも、子どもを思い通りにコントロールしたいと思っている自分」
自分のことは他人軸、子どものことは自分軸で生きてしまっていた、だから何をしても現実が歪んで見えて上手くいかなかったのです。
「一歩間違ったら、私はこの子と引き離されるところだった」そんな経験を経て、「我が子と笑って一緒に一日を終えられること以上に、大切なことなんてない」そう思い直せるまでになりました。

 

そしてもう一つ、コロナ禍で過ごした日々の中で気が付けたことがありました。